被災された方、
私が想像しきれないぐらい
大変なご状況、ご心労であるとお察しいたします。


私が連絡した方は、お返事ありました!!
福島の連絡とれなかった方は、違うルートから
非難された事を知りました!!

安心しました!!


私の地域は、断水だけだったのですが、、
いままで無駄な使い方をしていた事の反省・・・

節電も一人の気持ちでも、大きい節電になるんだと思います。
今、できる事をしていきたいと思っています。


余震も静まらないうちに
静岡で地震・・・
放射能の心配も残ります。


怖くて、心配ばかりですが
これ以上の被害がないように祈ります。





下記は、信頼する方から流れてきました。
ニュースでもいていることです。
おしらせまで。


放射能から身を守る方法


1 呼吸の仕方が分かれ道


外部被ばくに比べて、内部被ばくが圧倒的に危険です。

そのため、放射能を吸い込まないように

高性能フィルター防塵マスクをつけてください。


汚染された水や食べ物を食べないように気を付けてください。


傷口からも放射能が入るので

バンドエードやテープで防いでください。


ゴーグルやレインコートがあれば

目や肌も覆ってください。


2 家には1週間閉じこもるように


まず水が一番大切です

家じゅうの容器に水をくんでおいてください

ペットボトルの水も大量に用意すべきです

次に、米、麺類です

これらはかさばらず日持ちします




3 閉じこもる時の注意点


とにかく外気が入るのを防ぐようにしてください

換気扇は消しても隙間があいているので

シートとテープでしっかり隙間を防ぐべきです

サッシの隙間もテープとシートでふせいでください



4 雨が降ったら絶対にふれてはいけません


放射能を含む雨はもっとも危険です

事件後、少なくとも10日間は雨にふれてはいけません


では、一刻も早く準備してください


1人でも多くの方の命が助かることを祈ります。